• このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛の原因となるagaはクリニックで治療できる

agaとは、男性型脱毛症のことをいいます。主に男性の薄毛や抜け毛の原因とされています。髪の毛の生え際が後退してきたり、頭頂部から抜け毛が進行して薄くなってくるといった特徴があります。その原因には遺伝的な要因が関係していると考えられていますが、食生活やヘアケアなど生活環境などが影響を与えることもあります。 また、ストレスが多いといったことも抜け毛や薄毛の原因になります。人の髪の毛は、成長しては抜けていき、また新しい毛が生えるというヘアサイクルを繰り返しています。しかし、ジヒドロテストステロンという物質が多いと成長期が短くなってしまい、髪の毛が十分に成長しません。その結果、細くて柔らかい毛が多くなるので、全体的に薄く見えるようになってしまいます。

薄毛対策として様々な治療法が存在している

池袋AGAクリニックでは、皮膚にメスを入れずに治療をする内科的治療や保存的治療を実施しています。生活習慣や遺伝的環境などを考慮して、トータルケアを行っています。例えば、体内のホルモンや生理活性物質のバランスを整える効果のある内服薬を用いた治療があります。また、外用薬を抜け毛や薄毛が気になる部分に塗布するといった治療法もあります。 専門の医師が、一人一人の症状に合った治療薬を処方しています。治療薬の成分としては、フィナステリドやミノキシジルなどがあります。池袋AGAクリニックは男性型脱毛症に特化したクリニックで、治療を始める前に専門のカウンセラーが丁寧にカウンセリングを行っています。カウンセリングは、臨床心理士か精神領域で経験を積んできたカウンセラーが実施しています。

agaに効果的なミノキシジルとフィナステリドとは?

ミノキシジルは、世界中で薄毛の治療に用いられている成分です。元々は、高血圧の治療薬として開発されました。その後、脱毛症を回復する効果があることから脱毛症の治療薬として使われるようになっています。ミノキシジルは毛母細胞に働きかけ、血流量を増やして毛根に栄養を与えてくれます。そのため髪の毛の成長が早くなり、太くしっかりとした髪の毛にすることができます。 フィナステリドは、agaの治療薬として世界中で使用されている成分です。元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、脱毛に効果があることが判明しました。フィナステリドにはヘアサイクルを正常にし、抜け毛の進行を抑える効果があります。それにより細く短い毛は減るので、薄毛が目立たなくなるといった効果が期待できます。