• このエントリーをはてなブックマークに追加

進行性のagaはクリニックで早期の対策が大切

近年、様々な媒体を通して、男性の薄毛対策用のケアアイテムやヘアサロンが紹介されており、注目を浴びているようです。髪の毛が薄いと、見た目年齢が一気に上がってしまうだけでなく、貫禄のない、自信なさげな印象さえ与えてしまうので、何とか改善させたいと願う方は多いのでしょう。 しかし、実際のところ、そういった方法では、どれだけ長い期間取り組んでも、思うような改善が図れない事がほとんどです。男性のagaは進行性なので、できるだけ早い段階で食い止めることが、大切な毛髪を残すことにつながるので、市販の育毛剤などよりも、専用クリニックで医薬品を使った対策が必要です。 処方薬を身体の内外から摂取することで、薄毛の原因にダイレクトに働きかけてくれるので、短期間で効果が現れます。

治療を始めるならできるだけ早めが良い

薄毛や抜け毛が気になりだしたら、まずは育毛剤や育毛シャンプーを使ってみよう、と考える方が大半ですが、このような状態になっている時点で、もうすでにヘアサイクルが崩れてしまっているため、効果が出たとしても、現状維持が精一杯です。薄くなってしまっている部分の毛を増やしたいと考えるなら、少しでも早くクリニックで診察を受け、aga治療をスタートさせましょう。 この治療を始めると、一時的に初期脱毛は見られますが、その後には太くてしっかりとした毛髪が生えてくるようになるので、密集度も高まり、一気に毛が増えたように見えます。治療が遅くなればなるほど、毛髪はどんどん失われてしまうので、回復までの時間が必要となってしまいます。市販品で遠回りして、時間とお金を無駄にするのはやめましょう。

処方薬の飲み合わせなどを診断してもらうことが大切

aga治療に用いられるものは、サプリメントではなく医薬品なので、高い効果がある反面、少なからず副作用の危険性は伴います。既往歴や、服用している薬やサプリメントとの飲み合わせなどによっては、効果が出ないことや、健康を害するリスクが高まってしまうケースもあるので、初回のカウンセリングで、きちんと医師の診断を仰ぎましょう。 現在、クリニックで処方されている薬は、安全性も高く、ほとんどの方が不具合なく服用できている、というデータもあがっています。症状に応じて、内服薬以外に外用薬の処方や、直接薄くなっている頭皮に行う施術などを組み合わせてくれるので、予算も含めて相談しておきましょう。 この治療は保険が効かない自由診療扱いとなるので、費用はかかりますが、早い人で三か月で効果が出る場合もあるようです。